第88回.「言葉の力で現実は変わる」

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

その人が嫌いになったと言っても、その人を好きになったのもあなたです。相手を責める前にまず自分の「人を見る目のなさ」に気づくべき。自分が「こう」だからその人を選んだんです。これからも「こう」ならまた似たような人を選んでまた嫌いになって〜∞ 自分が変わらなければ相手も変わりませんよ。

人生なんて長い夢を見ているようなもの。失うものなど何もない。好きなように見ればいい。好きなように生きればいい。
友達が多い人は、友達がいない人のことを「寂しい人間」だと思うのかもしれないが、これは「友達という繋がりを必要としないライフスタイル」なだけであって、むしろ 本当の寂しがり屋は 片時も友達という存在に依存していなければいられない「友達が多い人の方」。。勘違いしないでください。


嫌いなら近づかなければいい。不快なら思い出さなければいい。それでも気になってその人を意識してしまうのは、自分の中で消化しきれない悔しさがあるからです。ならば尚更のこと 今すぐ忘れてしまおう。嫌いだと思い続ける限り、いつまで経っても「その人以下」でしかないんですよ。


手に入れたい人間が居るとする。その人が登り坂で勢いある時はほっておけばいい。無駄だ。上りきった株価みたいなものだから。人間には波があるから必ず下落局面がある。その落ち込んで今にも額面割れって時に一気に買い叩く。気長な観察力は必要だし本当にその人が欲しいのか自分自身も問われるよね。


綺麗な子って本当多い。その中で更に光る感じに見える子になるには。曖昧ではあるけど明るい陽性のオーラ、エネルギー、笑顔、素直な雰囲気。。やっぱり1日2日で真似して作れるものじゃない。日々の生活、習慣、環境などから長い月日で培われるもの。綺麗を磨くのは何気ない日常が大事なんだよね。。

  

(≧∇≦)西麻布子より(≧∇≦)

LINEで送る
Pocket

1 Comment on 第88回.「言葉の力で現実は変わる」

Comments are closed.