世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる著者 久賀谷 亮

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket


★【TVで話題沸騰!】たちまち13万部突破!! 売行きNo.1のマインドフルネス入門書! 

★イェール大で学び、精神医療の最前線・米国で18年診療してきた医師が語る! 

★「脳疲労」がすぐ消える「科学的に正しい」脳の休め方とは? 


◎何もしなくても「脳」はどんどん疲れていく… 

脳の消費エネルギーの60~80%は、 

デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。 

DMNとは、脳が意識的な活動をしていない 

アイドリング状態でも動き続ける脳回路です。 

この回路が働き続ける限り、ぼーっとしていても、

脳はどんどん疲れていくわけです。 


◎いくら身体を休めても、「疲れがとれない」のはなぜ? 

「何もしていないのに、なぜか疲れが取れない」という人は、 

このDMNに過剰な活動を許してしまっているのかもしれません。 

つまり、DMNの活動を抑える脳構造をつくり、 

脳にたしかな休息をもたらすことこそが、 

あなたの集中力やパフォーマンスを高める最短ルートなのです。 


◎脳には脳の休め方がある 

著者は精神医療の最先端イェール大学で学び、 

ロサンゼルス郡でクリニックを開業した精神科医の久賀谷亮氏。 

先端脳科学に基づいた「TMS磁気治療」などと並んで、 

科学的な脳の癒し方として注目を集めているのが、

瞑想やマインドフルネスです。 


世界的に有名な企業や経営者・アントレプレナーたちも、 

こぞってこの方法を取り入れ始めているのはなぜなのか? 

それは、瞑想が単なるリラクゼーションメソッドから、 

「脳科学的に実証された休息法」へと進化しつつあるからです。 


マインドフルネスは脳科学の最前線とどう接触しているのか?

イェール大学を舞台にしたストーリーを楽しみながら、「科学的な脳の休め方」がわかる一冊!!

出版社からのコメント

【本書の構成】 

[Lecture 0] 先端脳科学が注目する「脳の休め方」 


[Lecture 1] 「疲れない心」を科学的につくるには? ― 脳科学と瞑想のあいだ 

・疲れているのは「身体」ではなく「脳」だった!! 

・瞑想の「科学的裏づけ」が進んでいる 


[Lecture 2] 「疲れやすい人」の脳の習慣 ― 「いま」から目をそらさない 

・脳疲労は「過去と未来」から来る─心のストレッチ 

・ランチタイムにできる脳の休息法─食事瞑想 …など 


[Lecture 3] 「自動操縦」が脳を疲弊させる ― 集中力を高める方法 

・雑念は「自動操縦の心」に忍び込んでくる 

・マルチタスクが脳の集中力を下げる …など 


[Lecture 4] 脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」 ― やさしさのメッタ 

・クスリで「脳の疲れ」は癒せない 

・眠りながら「洗浄液」で脳の疲労物質を洗い流す …など 


[Lecture 5] 扁桃体は抑えつけるな! ― 疲れをため込まない「不安解消法」 

・「ブリージング・スペース」で緊張感をほぐす 

・脳の疲れを防ぐ食事 …など 


[Lecture 6] さよなら、モンキーマインド ― こうして雑念は消える 

・月に一度は「怠けること」に専念する 

・雑念が疲労を呼ぶ─モンキーマインド解消法 …など 


[Lecture 7] 「怒りと疲れ」の意外な関係性 ― 「緊急モード」の脳科学 

・「扁桃体ハイジャック」から脳を守れ!! 

・脳から来る「衝動」にはRAINで対処 …など 


[Lecture 8] レジリエンスの脳科学 ― 瞑想が「折れない心」をつくる 

・瞑想が最強のチームをつくる 

・苦境でも心の安定を保つエクアニミティ …など 


[Lecture 9] 脳から体を治す ― 副交感神経トレーニング 

・「競争」が最も脳を疲労させる 

・身体をリフレッシュする「ボディスキャン」のやり方 …など 


[Lecture 10] 脳には脳の休め方がある ― 人と組織に必要な「やさしさ」 

・幸福の48%は遺伝 

・リラックスだけでは「脳の休息」にはならない理由 …など

内容(「BOOK」データベースより)

「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える。イェール大学で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす!


世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

著者  久賀谷 亮

引用:amazon

LINEで送る
Pocket