超一流の二流をめざせ!       著者 長倉顕太

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

無名の新人をベストセラー著者へと導く手腕が高く評価されている長倉顕太さんは、編集者としての10年間でトータル1000万部以上読まれた書籍を手がけたという、驚異的な記録を打ち立ててきました。 

現在はコンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースや個人・企業のコンサルティングなども手がけながら幅広く活動しています。 

そうした生き方の中で強烈に感じたのが、「世界の99%の人は凡人である」ということだそうです。

この本は凡人たちが「すごい人」のマネをせずに、いかに成功していくかをまとめた1冊です。 


「自分の人生を『自由自在』に操りながら、自分の意志で動かしたい! 」 

そう願う人にぜひ読んでいただきたい内容です。 


「人生なんて、もっとシンプルに考えればちょろいもの。私はあえて、そう書きたい。 

本当にシンプルに考えればいいと思っている。 

人の持つ『特性』とあなたが置かれた『環境』を理解して、きちんとした『戦略』を打てばいい。 

そうすれば無理なく成功に近づくことができる。 

誰かの人生を歩くことのない『あなたの成功法則』がしっかり完成するのである」(「序章」より) 


「『一流』たちの情報により、私たちは『自分もそうなりたいという欲望』を喚起させられるとともに、『できない自分に絶望』を感じずにはいられない。 

だからある意味、この本の中で展開した主張は、見たくない部分を見せられたような『残酷さ』を与えてしまったかもしれない。 

しかし、私は、これこそが現代を『面白く』『楽しく』生きるのに必要な考え方だと確信している。 

この本に書かれていることは、私が編集者としてやってきたことを『否定』するものだと感じる人もいるだろう。 

でも、これが今の私の『正直』な気持ちだ。出版社を辞めて独立してから3年が経ち、その間に徹底的に多くの人たちと向き合ってきてわかったことがたくさんある。 

それらを踏まえたうえで出した結論を、ありったけの文章力でまとめてみた」(「あとがき」より) 

内容(「BOOK」データベースより)

1000万部以上の本を世に送り出してきた孤高のプロデューサーが放つ、世界一残酷な成功法則!「人間の本質」と「自由な表現力」を知ることで、凡人でも一流の結果を出すための具体的な戦略を初公開!

著者について

KENTA NAGAKURA(長倉顕太) 

1973年、東京生まれ、学習院大学卒。プロデューサー、コンテンツマーケター。

大学卒業後、歌舞伎町で働き、その後、ギャンブルをやるために渡米。

帰国後はフリーターなどを経て、28歳のときに出版社に拾われ、編集者としてベストセラーを連発。その後、10年間で手がけた書籍は1000万部以上に。

現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースおよび、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。

無名新人をプロデュースし、ベストセラー著者に導く手腕は高く評価されている。

3万部でもベストセラーと言われる出版不況の中で、半分以上の書籍を5万部以上にしてきた。

また、コンテンツを活用した個人や企業へのブランディングにも定評がある。尊敬する人は音楽プロデューサーのリック・ルービン。

音楽をこよなく愛し、パンク、ロック、ヒップホップ、ジャズなどクラシック以外の音楽なら何でも聴く。

また、好きな作家はチャールズ・ブコウスキー、JGバラード、リチャード・ドーキンス、阿佐田哲也。

また、個人の情報発信が自由への近道ということで、自らのインディーズ的な活動としては、電子書籍作家としても毎月のペースで出版中。 

【長倉顕太の無料メルマガ「ナガクライズムレター」】 

http://kentanagakura.com/nagakura-ism/ 


超一流の二流をめざせ!

著者  長倉顕太


引用:amazon

LINEで送る
Pocket