大人の友情                                著者 河合 隼雄

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket


あなたは友人の出世を喜べますか? 

人はなぜ裏切るのでしょう? 

夫婦、男女、そして上司と部下の友情とは? 

人生を深く温かく支える「友情」を、臨床心理学の第一人者が豊富な経験と古今東西の文学作品からときほぐす、大人のための画期的な友情論(目次より「友だちが欲しい」「男女間に友情は成立するか」「友人の死」「”つきあい”は難しい」「友情と同性愛」「茶呑み友だち」「友情と贈りもの」など)。

著者からのコメント

お金で何でも買えるが友情は金では買えない。親子、夫婦、きょうだい、上司と部下、あらゆる人間関係の底に友情が支えとして存在している。友情は大切だ。

それなのに人間はなぜ友人を裏切ったり、友人の出世を喜べなかったりするのだろう。

それに、男女の間にも友情は成立するのだろうか。 

 友情について考えることは、人間について考えることになる。この友情論が生きる上でのヒントになると有難いと思う。 

出版社からのコメント

長年、相談室の現場にいると、心理療法家である著者は、多くの方が直接に間接に「友情」の悩みを話されることに気がついたそうです。

そこから本書は生まれました。 


あなたは友人の出世を喜べますか。

友人の悲しみには同調できるのに、なぜか出世には嫉妬の心が動いてイライラしませんか。

友だちがほしいのに、うまく作れない。

なぜ人は人を裏切るのでしょうか。

男女間に友情は成立するだろうか、異性の友だちはもてていますか。またなぜ友情は壊れやすいのでしょうか。

こういった極めて身近な題材を、具体的な悩みを踏まえて、あらためて太宰・漱石などの文学作品を読み返しながら、友情をかたる画期的な大人のための人生の処方箋です。

美しく熱いだけが友情ではありません。 


世は同窓会ブームであると聞きます。定年後のよるべき頼むところは、友人というところでしょうか。

大人になってのそれぞれの時期に、友情の投げかける問題が、深くやさしく説かれています。

現代人の悩みに付きあい続けた著者が、たどり着いたこころの深みにやさしく降り立った初の友情論です。

広くインタビュー、書評等でご紹介いただけますよう、お願い申し上げます。 

内容(「BOOK」データベースより)

あなたは友人の出世を喜べますか?人はなぜ裏切るのでしょう?夫婦、男女、そして上司と部下の友情とは?人生を深く癒し、温かく支える「友情」について、臨床心理学者としての豊富な経験と古今東西の文学作品からときほぐす、大人のため友情論。

大人の友情

著者  河合 隼雄

引用:amazon

PS:物販ビジネス

目指せ、100万円☆


LINEで送る
Pocket