逆転スイッチ! “絶体絶命のピンチ”を一瞬で“チャンス”に変えた33の物語 (角川フォレスタ) 著者 西沢 泰生

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

この本は、あなたに「ピンチに対する引き出し」を1つでも多く持って 

もらうためのものです。 

ピンチに陥った時は、それに対する「引き出し」をいくつ持っているかが 

勝負です。 

昔のヒーローもののドラマでは、悪役たちの策略で、ヒーローは毎回のように 

ピンチに陥ります。 

そして、「どうする? どうする?」というところで「来週に続く」というの 

がお決まりのパターンですが、次の週になると、ヒーローは頭を使って必ず 

そのピンチから脱出しています。 


私たちだって、いつ、なんどき「絶体絶命のピンチ」に陥るかわかりません。 

危機に陥った時、たくさんのピンチを経験していて、「引き出し」をたくさん 

持っている人は、「この場合はこう対処すればいい」とか「こうなってしまった 

らこの人に聞けば大丈夫」など、ピンチの時にもぜんぜん動じません。 

ツワモノになると、ピンチを楽しんでさえいる。 

本書では、ピンチに陥った人たちの体験とそのピンチを脱出した方法を 

紹介しています。 


言わば、「ピンチの経験を積むためのケース・スタディ・ブック」 


楽しみながら読んでいただけるように、クイズ形式でまとめました。 

ぜひ、クイズを解きながら「ピンチの疑似体験」を積み上げてください。 

内容(「BOOK」データベースより)

世に“一流”と言われる人達が陥ったピンチの瞬間、彼らはどのように考え、どのように行動したのか。本田宗一郎、松下幸之助、ケネディ、カーネギー、黒澤明、赤塚不二夫、イチロー、三谷幸喜―一流の彼らが体験した絶体絶命のピンチをクイズ形式で解きながらチャンスに変える法則を学んでいく、ピンチ経験を積むためのケース・スタディ・ブック。


逆転スイッチ! “絶体絶命のピンチ”を一瞬で“チャンス”に変えた33の物語 (角川フォレスタ) 

著者  西沢 泰生

引用:amazon

LINEで送る
Pocket