第175回「岡崎慎司選手がサッカーを始めたキッカケは…」

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

岡崎慎司選手がサッカーを始めたキッカケは…

今や時の人レスター岡崎慎司選手☆

そのリアル産みの親…

母、岡崎富美代さんのセミナーに参加してきました!

岡崎慎司選手がどのようにサッカーをやる事になったのか、

とても詳しくお話し聞かせて頂きました。

それは小学4年生、兄・岡崎 嵩弘に野球とサッカーどっちがしたいと聞き、

「サッカー」っと答えた

岡崎慎司選手には選択権は無く、

兄と一緒にサッカーをやる事になりました。

母「兄がサッカーで弟が野球やったら送り迎えなど大変なので」

弟には選択権は無かったそうで…笑

母が最近、弟・岡崎慎司に

「あんた、子供の時に野球とサッカーどっちがやりたかったん?」

と聞いた所…

「野球」

と答えたそうです!
そうなんです。

兄・岡崎 嵩弘がサッカーと言って無かったら、日本代表やプレミアリーグ優勝など今は無いって事です。

人生は1つ1つの選択で成り立ってます。

その選択がとても華やかなものではなく、ひょんなキッカケがけっこう多かったりしませんか?

僕も野球を始めたキッカケは小学1年生の時にクラスの中で足が速かったので、担任の先生からグローブをもらい、それが野球を知って、やるキッカケになりました。

何かを始める時、始めからわかっていたから始めましたか?
違いますよね、キッカケは全てたまたまなんです…

たまたまと偶然の連続が人生を変えて行くんです。

もし日々生活していく中で、自分自身の意識が高かったら、色々な物を吸収出来そうですね。

ビジネスチャンスだって、同じかもしれませんね…

チャンスはチャンスとして現れません…

たまたま参加して、自分にタイミングが合った時にチャンスに変わる事も多いです…

たまたまと偶然を大切にしましょう…

本人直筆サイン入りユニフォームと写真が撮れたのもたまたまと偶然なんです…

 

全ては行動することから始まる

感謝

LINEで送る
Pocket