おとなになるってどんなこと? (ちくまプリマ―新書)著者 吉本 ばなな

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

おとなになるってどんなこと? 

(ちくまプリマ―新書)

著者  吉本 ばなな



とりあえずひとつでも年が上なら、いちおう礼儀正しくふるまい、どんどんおごってもらいましょう(笑)。


そして歳下の人たちにはおごってあげましょう。


私はその文化がわりと好きなので、変えなくてもいいと思い、自分では採用しています。


でも人それぞれ好みがあると思うので、自分の属しているグループ内で調整してください。


私は、おばさんになったらおしゃれもしなくなるし、体型も崩れるし、あつかましくなるし、


声も大きくなるし、豹柄(ひょうがら)など着るようになり、人生は終わってしまうのではないかと思っていました。


でも、そんなことはなく(一部そうなっているのは否めないけど…特に豹柄と体型)、自分のことが自分でよくわかるようになるから、どんどん楽になっていくのです。


行きたくないレストランも、飲みたくない飲み物も、着たくない服もわかってくるし、もっと言うと会いたくない人もわかってくる。


そうすると自分で自分の人生を創造することができるようになる。


だいたいよく考えてみたらわかると思うんだけれど、子どもってちっとも自由なんかじゃないです。


基本的に親と学校の枠のなかで考えなくっちゃいけないのだし、経済的にちっとも自由がない。


暮らし方も選べないし、友だちも知っている範囲で見つけるしかない。


今からあの時代に戻れと言われたら冗談じゃないと思うと思う。


あふれるエネルギーがその不自由さを補っているだけで、ちっとも楽でも自由でもない。


それでも若いころの自分の写真を見ると、しみじみと思うのです。


なんてきれいな体の線、なんという元気さ、回復力、体力!


この頃にしかできないことをもとやっておけばよかった、と。


この頃の自分はそんなことを知らず、先になればなにかもっといいことがあるはずだと思って、いろいろなことを制限していたのです。


もっとビキニを着たり、派手な化粧をしたり、バカ食いしたりすればよかった。


けっこうしてたけど、もっともっと。


そして、はっと気づくのです。


そうか、あと十年か二十年後の私が見たら、三十年後に生きているとして健康でなかったりしたら、今の私に対して、全く同じことを思うに違いないんだ!と。


だから、今できることは目一杯。


それが未来の自分自身からのいちばんだいじなメッセージだと思います。


そのことをほんとうに理解することが、大人になるっていうことかもしれません。


引用:おとなになるってどんなこと?

吉本 ばなな 著

ちくまプリマー


LINEで送る
Pocket