「すぐやる」力で差をつけろ著者:千田 琢哉 

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

「すぐやる」力で差をつけろ
著者:千田 琢哉

原稿依頼を受けたら、編集者も驚愕するスピードで原稿を仕上げる著者が明かす、

「すぐやる」力の秘訣。
仕事のデキる人は、なぜ「すぐやる」ことができるのか。

「すぐやる」人の人生は、なぜ輝いているのか。

「つい後回しにしてしまう」という人にこそ手に取ってほしい1冊。

僕が人と差を付けてきた事です!!

本の中を抜粋して…

人はスピード感が同じ者同士で群れるようになっているのだ。P47

プロとは、速くできる人のことだ。P52

部下に飛び越えられるのは、あなたの決断が遅いから。P60

仕事というのは、教える価値のある人間にだけ教えればいいのだ。P69

質問といのは、具体的なもの以外は意味がないのだ。P71

会議中に携帯に出るために席を立つと、その瞬間にその会議のステイタスが一気に下がる。

なぜなら、今やっている会議よりも、突然かかってきた電話のほうが重要だということが

周囲に伝わってしまうからだ。P73

会議中は、出席者の人数分の人件費をその間ずっと垂れ流している状態だ。P74

仕事は初期の頃にたくさん挑戦してたくさん失敗しておけば、間違いなく上達する。P83

マーケティングとは、少しでも楽に仕事が入ってくる流れを創ることだ。P85

今の仕事は、即、次の仕事に繋がるという、呆れるほどシンプルな事実だ。

今の仕事で依頼者を感激させることが、次の仕事を最も楽に受注する方法なのだ。P87

あなたもうっかり「難しい」と言いそうになったら、

「楽しい」「面白い」「素晴らしい」

とワクワクする言葉に変えて発することだ。P115

利益が生じるのは、すべて模範解答のないものからである。

たとえば司法試験に合格するのに必要なのは、模範解答のある勉強だ。

だが司法試験に合格後、裁判で勝ち続けるのに必要なのは模範解答のない勉強だ。P123

「産んでもらって本当によかった」は、すべての不安を払拭する魔法の言葉なのだ。

少し考えてみれば、人がこの世に生まれてくる確率というのは、宝くじの1等が当選し

続けるくらいの奇跡だ。

運が良いとか悪いとか贅沢を言っていられないことに気づかされるだろう。P147

「綺麗だね」という言葉のシャワーを浴びているか否かである。P153

褒められる側ではなく、褒める側になるということだ。P161

天才でない人間は、素直でなければ絶対に成功できないようになっているのだ。P172

40代というのはその人が本物かどうかが露呈する時期なのだ。P180

人生を倍速で生きると、ドカンとゆとりが生まれる。P188

そんな成功した読者の声にはある共通点がある。

それは「本に書いてあることはすべて本当でした」ということだ。P191

夢を叶えた人のアドバイスは、とりあえず鵜呑みにしてすぐやってみることだ。

チャンスというのは頭のいい人にではなく「すぐやる」人に一極集中するからだ。P199

チャンスはコンピューターではなく、生身の人間が与えるからである。

生身の人間がチャンスを与える限り、好きな人にチャンスが流れていくのはもはや避けられない。

やる気とは、声の大きさではなく、

「すぐやる」ことだ。

本気とは険しい表情で腕組みすることではなく、「すぐやる」ことだ。P201


 

「すぐやる」力で差をつけろ

著者:千田 琢哉

LINEで送る
Pocket