生き方   著者 稲盛和夫

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

生き方
著者 稲盛和夫

  

出典 : www.47news.jp

全てのビジネスマンの指南書と言われる稲森和夫の「生き方」ですが、実際この方はどんな経歴を持ち、何をした人なのでしょうか?


1932年 鹿児島市に生まれる。


1955年 鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。 

1959年4月 知人から出資を得て、資本金300万円で京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立し、社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務める。


1984年 電気通信事業の自由化に即応し、第二電電企画株式会社を設立。会長に就任。 

2000年10月 DDI(第二電電)、KDD、IDOの合併によりKDDI株式会社を設立。名誉会長に就任。 

2001年6月 KDDI株式会社の最高顧問となる。 

2010年2月 日本航空(JAL、現日本航空株式会社)会長に就任。 

2013年4月 代表取締役会長を経て名誉会長となる。


一般的な稲森和夫氏の軌跡としてはこのような経歴があります。しかし、稲森和夫の行った事はこれだけではありません。
稲盛和夫の生き方にある基本は非常にシンプルです。その具体例としては以下のものがあります。

・「一つのことに打ち込んできた人、一生懸命に働きつづけてきた人というのは、その日々の精進を通じて、おのずと魂が磨かれていき、厚みのある人格を形成していくものです。働くという営みの尊さは、そこにあります。心を磨くというと宗教的な修行などを連想するかもしれませんが、仕事を心から好きになり、一生懸命精魂込めて働く、それだけでいいのです」

・「自分がなすべき仕事に没頭し、工夫をこらし、努力を重ねていく。それは与えられた今日という一日、いまという一瞬を大切に生きることにつながります」

生き方
著者 稲盛和夫

LINEで送る
Pocket