幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII著者   岸見一郎

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

◆ミリオンセラー『嫌われる勇気』待望の続編! ◆

3年ぶりに哲人を訪ねた青年が語る衝撃の告白。

それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。

アドラー心理学は机上の空論だとする彼に「貴方はアドラーを誤解している」と哲人は答える。

アドラーの言う、誰もが幸せに生きるためにすべき「人生最大の選択」とは何か?

貴方の人生を一変させる哲学問答、再び!

これが哲学なのか、心理学なのか。そういうこともありますが、またしても、青年が、哲人に「食って掛かって」いきます。青年は教師になり、学校の教育の現場で「アドラー心理学」が通用しないことに腹を立てて、アドラーを捨てるかどうか、という話を哲人に「ふっかけていきます」。

『幸せになる勇気』でも、『嫌われる勇気』と同じように、「劣等感」からか対話を挑んでいきます。しかも、アドラー心理学が間違っているというだけではなく、哲人にアドラーについてのことを語らせることもやめさせようとしています。
【感想】『幸せになる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教えII』岸見一郎,古賀史健


目次 

第一部 悪いあの人、かわいそうなわたし

第二部 なぜ「賞罰」を否定するのか

第三部 競争原理から協力原理へ

第四部 与えよ、さらば与えられん

第五部 愛する人生を選べ


『幸せになる勇気』の目次です。ここからある程度、わかる人は内容がわかるかもしれません。


 悪いあの人、かわいそうなわたし


「哲人 この三角柱は、われわれの心を表しています。いま、あなたの座っている位置からは、三つある側面のうち、二面だけが見えるはずです。それぞれの面になんと書かれていますか?


青年 一面には「悪いあの人」。もう一面には「かわいそうなわたし」と。


哲人 そう。カウンセリングにやってくる方々は、ほとんどがこのいずれかの話に終始します。自身に降りかかった不幸を涙ながらに訴える。あるいは、自分を責める他者、また自分を取り巻く社会への憎悪を語る。」(p.70−71)


三角柱に、3つのことが書かれていて、そのうちの2つは、「悪いあの人」、「かわいそうなわたし」と書かれているということです。


カウンセリングに来る人は、相手が悪い、自分はかわいそう。「被害者」は自分ということでしょう。相手を責めることになる。不幸なことや嫌なことがあると、自己正当化したくなる。
こうすることで、ある意味安心したいのでしょうね。



Amazon通販

キーワード:







Sizzleがはしる

Powered by Hatena Blog.

引用

LINEで送る
Pocket