第117回「oneness・・・ひとつなるもの。」

とっき〜LINE
LINEで送る
Pocket

先駆者は時代を読み、予測する!!

何を感じ、何を学び、誰と会い、どこに行くか!!

できる限り思考と考え方を合わせて進むだけ、、、

ありがとうございます(≧∇≦)

いや~
学びます!

日本では同年夏季オリンピックを同じく東京府東京市(現:東京都)で開催することが決定していたが、日中戦争の最中という戦時体制下にあり、陸軍を中心に物資調達面の障害になることを懸念され開催反対が叫ばれたことや、日中戦争の交戦国である中華民国の選手団の出場問題などを巡り、国外からも開催反対の意見が出たことを背景に、1938年に開催権を返上している(→東京オリンピック (1940年))。

知らなかった~(ウィキペディアより)

41年にはパールハーバー。
中国とアメリカ。

1940年・・・
それから80年なんですね。
2020年が東京オリンピック。

身分の時代(武士)
↓↓↓
軍人の時代(武力)
↓↓↓
企業の時代(お金)
↓↓↓
???

社会保障と安全保障
何が担保してくれる?

繋がりの時代がやって来る。
仕事でも家族でもない
新しい人間関係。
コミュニテイ!!!

「ひとり」であり
「ひとつ」である存在。

「ひとり」はより複雑化し、
「ひとつ」なるものに全体は統合されていく。(=一貫性)

「独自」であり
「全体」であること。

人間が気づくのはうまくいかない時である。
ゴールのない世界。

気づき→選択→たまたま結果が出る
動的平衡が保たれ、気づきをシェアする世界観。

相互作用による答えだし。

oneness・・・
ひとつなるもの。

陰陽、
善悪、
上下、
天地・・・

「都会か田舎」ではなく
「都会も田舎も」になる。

countryとtownが融合して
ひとつなるものの原点になる。

変化とは
自己否定できた時に起こせるのだ。

やっぱ・・・
「愛」と「誠実さ」なのだなぁ。

答えを「見つけ出す」のではなく
答えを「創り出す」・・・

みなさま、
一緒にこれ、やりましょう!!!!

__________________________

LINEで送る
Pocket